メラニン色素の増加を防ぐ徹底したシミ対策

多くの女性が悩まされるシミは、紫外線を浴びることが原因と考えられています。
紫外線を浴びるとメラニン色素が増加し、それがシミの原因になります。
シミを作らないためには、徹底した紫外線対策が必要です。

そのためには朝起きて洗顔後、保湿をしたらすぐにUVクリームを塗るのがおすすめです。
家の中にも一年中紫外線は差し込みますので、基本的に日光が出ている時間帯はUVケアをする必要があると考え、紫外線ケアをするのが良いでしょう。

テレビでCMしているような、高SPF値のものでなくてもかまいません。
むしろ、SPF20程度の低刺激のものをこまめに塗りなおしたほうが、肌への負担は低いです。
高SPF値のものは肌への刺激が強く、アレルギーを起こしたり肌トラブルの原因になることもあります。
肌に優しく紫外線を防ぐには、ノンケミカルのUVクリームがおすすめです。

紫外線を防ぐには、吸収剤と散乱剤という二つの種類の紫外線防止剤が使われています。
どちらも効果的に紫外線を防ぎますが、吸収剤にアレルギーを起こす方も多いのが実情です。

そのため、シミが気になり尚且つ敏感肌やニキビができやすいという方には、ノンケミカルと呼ばれる、紫外線散乱剤を配合したタイプが推奨されています。

肌に優しいノンケミカルタイプのUVクリームは肌に負担をかけにくいため、朝起きてから一日中つけていても肌荒れの元になりにくいのも特徴です。

レジャーやスポーツなどで屋外に出るときには、ウォータープルーフタイプの使用をお勧めします。

ウォータープルーフやウォーターレジスタントタイプと表記のある日焼け止めは、汗や水に強く流れにくいため、レジャーやスポーツの時の使用に適しています。

シミを防ぐには、強烈な紫外線の下ではこまめに日焼け止めを塗り治す必要があります。

目からも紫外線は吸収されますので、帽子やサングラスの着用も有効です。

紫外線を浴びてしまったら、ビタミンC誘導体の美容液をイオン導入しておくと、肌の回復が早くなります。サプリメントなど、内側からのビタミンCの補給も有効です。

たった3分のマッサージで明るい肌に

顔がどんよりくすむことがありませんか。肌のくすみの原因の一つが血行不良です。血液の流れが悪くなると、老廃物の排泄がうまくできなくなり、必要な栄養や酸素が届きにくくなって肌代謝が低下します。その結果、肌がくすんでしまいます。

マッサージには血流をよくする働きがあります。たった3分のマッサージでも明るい肌に変わってくることでしょう。

胸元が開いたドレスを着ることがある方なら顔だけではなくデコルテもケアしているはずです。欧米の女性はデコルテケアもしているようですが、日本人はあまりケアをしていないようです。顔だけでなくデコルテもケアしましょう。

顔の血流をよくするには、まずは首をほぐす必要があります。顔に流れる血液は首を通って流れているため、首をほぐして顔への血流をよくします。首を大きく左右に3~5回まわします。次に鎖骨のくぼみに親指以外の4本の指を当てて、鎖骨にあるリンパ節を刺激します。

首がほぐれたら顔のマッサージをしましょう。顎の下に指を当てて、耳の下のリンパ節に向かってなでます。強い力を入れると肌が傷ついてしまうので、優しく行ってください。小鳥をなでるような力加減でもマッサージ効果があります。オイルやクリームを使用すると手の滑りがよくなってマッサージをしやすくなり、肌の摩擦を軽減できます。

次は耳の下のリンパ節から首を通って鎖骨のリンパ節に向かってマッサージをします。5~10回ほど優しくなでましょう。
デコルテもマッサージします。右手で左胸からワキの下に向かってなでます。これを10回、同様に右側も行います。

頭皮と顔の皮膚はつながっていて、頭皮の凝りや血流の悪化は顔のシワやたるみにつながります。髪を洗うときについでに頭皮のマッサージをしてみましょう。

力を入れると頭皮が傷つき抜け毛の原因になるので、優しい力でマッサージを行います。指の腹を使ってなでるように行いましょう。髪の生え際から頭頂部までを万遍なくマッサージします。

キミエホワイトプラスの口コミと効果の真実