ニキビは皮膚科で治療できますが、日常的なケアで防ぐことも可能

ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせ炎症を起こすことでできる疾患です。
皮膚科で治療できますが、日常的なケアで防ぐことも可能です。

ニキビができやすい方は、洗顔を丁寧に行うことが重要です。

ニキビ肌用の洗顔料を良く泡立て、きめ細かい泡でなでるように洗うだけで皮脂汚れを落とすことができますので、決して強く洗わないことが大切です。
大人のニキビの場合は、皮脂ではなく乾燥が原因となって起こることもありますので、洗い過ぎにも注意が必要です。

ニキビ肌は、洗顔後すぐに化粧水で保湿を行うことで、肌を清潔で美しく保つことができます。

スキンケアにはニキビ肌用化粧水や低刺激の化粧水がおすすめです。

大人ニキビの場合、思春期ニキビ用のスキンケア用品では肌に刺激が強すぎることがありますので、大人ニキビ専用のケア用品が適しています。
ニキビには、ホルモンバランスも関係していると考えられていますので、ホルモンバランスを保つ生活スタイルをおくることもニキビ予防に役立ちます。
例えば、早寝早起きは自律神経を整えホルモン分泌のバランスがよくなりますので、夜更かししすぎない心がけも必要です。

又、ストレスをためるとニキビができるのも、ホルモンバランスが崩れる事が原因と言われています。スポーツなどで適度なリフレッシュを行い、なるべくストレスをためない工夫もニキビ予防に効果があります。

出来てしまったニキビの治療については、思春期ニキビは皮膚科で効果的な薬を処方してもらうことができます。少し肌に刺激が強い薬ですので、あまりピリピリと刺激を感じる場合は他の薬に変えたほうが良いでしょう。

大人ニキビには、ホルモンバランスを整える治療が注目されています。

美容外科など、美容に力を入れている医療機関で行われているホルモン療法は、一定の期間ホルモン剤を服用することで、ホルモン由来のニキビを原因から治療することができるとして人気です。

SNSでもご購読できます。