健康な肌、美肌になる為に重要な栄養素

人間にはホメオスタシスと呼ばれる機能があり、外部環境や内部環境の変化に関係なく体を一定に維持する働きがあります。

つまり体はダメージを受けた場所に栄養分を運搬し修復を促進する作用があるのです。ですがホメオスタシスは加齢と共に低下するので老化現象が起こってしまいます。また紫外線によりメラニンが生成される際にも還元作用がある成分、代謝を促進される成分が送られます。美白を目指す場合は美白成分を化粧品などで外部から補給するだけではなく、美白効果がある栄養素を摂取することも重要と言えます。

健康な肌になる為にはタンパク質、ビタミン、脂質、糖質、ミネラルをバランスよく摂取することが重要で、中でもストレスを感じている場合や日焼けした後には活性酸素が大量発生します。なので抗酸化成分を含む食材を意識して摂る必要があります。なので美白効果、抗酸化効果がある栄養素について紹介していきます。

まずはなんといってもビタミンCです。水溶性のビタミンはレモン、オレンジといった柑橘類、さらにはトマト、パプリカ、アセロラに多く含まれています。ビタミンCにはメラニンを還元する働きがあるので美白効果が期待できます。ビタミンC誘導体として化粧品などでも使用されている栄養素と言えます。

L-システインは代謝を促進しメラニンが生成されるのを抑える働きがあります。また皮膚に沈着しているメラニンの排出をサポートしてくれるので美白効果があると言うことが出来ます。この栄養素を多く含む食品としては大豆、小麦胚芽、蜂蜜が挙げられます。

トマト、スイカといった赤い植物に多く含まれるリコピンには高い抗酸化作用があります。他にもサーモン、蟹、エビといった甲殻類に多く含まれるアスタキサンチンは優れた抗酸化作用があってメラニン抑える効果が期待できます。またエラグ酸と呼ばれる黄色色素のポリフェノールはザクロ、ベリーなどの果物に含まれる栄養素です。高い抗酸化力がありメラニン抑え美白に効果的な栄養素と言うことが出来ます

SNSでもご購読できます。