夏野菜というと、トマト、ナス、きゅうりをまず想像するのではないでしょうか?

これらは夏に収穫できる事から「夏野菜」と呼ばれており、その他にもピーマン、かぼちゃ、トウモロコシ、ゴーヤなどが夏野菜に含まれます。野菜というのは基本的に旬の時期に食べるのが一番美味しく、栄養価も高く出来ていますので、夏野菜であれば夏に食べるのがベスト。お店でも夏野菜のカレーやパスタなどが並んだりしますよね。

夏野菜の種類と効能をまとめてみました。

いくつかメジャーなものをあげてみますと、例えばトマトには多くのリコピンが含まれています。リコピンは免疫力を高め、がんの予防、細胞の参加や老化防止にも役立ちます。生で食べてもいいですが、加熱するとリコピンの吸収率が高くなる特徴があります。

きゅうりにはカリウムが多く含まれています。カリウムには余分な塩分を排出する作用があるので、むくみに効果があります。また、ビタミンCも含まれているのですが旬の時期に食べると冬の2倍も摂取する事が可能で、これだけでも旬に食べる大切さが良くわかりますね。

ナスにはポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールには、抗酸化作用とがん予防の効果があり、その他体を冷やす効果などもあります。最近、グリーンカーテンとして良く活用されるゴーヤは、ビタミンCが豊富で同じ夏野菜のトマトと比べると5倍も含まれています。夏バテの防止の他、美容にもいいので夏の日差しで弱った肌に優しい食べ物ですね。ただ、勿論ですがにがうりと呼ばれる通りかなり苦いです。

加熱すれば少しは和らぎますが、あの苦みがどうも、という方は薄くスライスして酢の物にしたり、細かく刻んでカレーに入れると食べやすくなるようです。ビールのお共に良く食べられる枝豆は、あんなに小さいですが実は凄く栄養価が高いのです。栄養の種類も豊富で、ビタミンB1、B2、Cの他、カルシウムや鉄分、女性に嬉しい食物繊維も含まれています。ビタミンB1、B2には疲労回復の効果がありますので夏バテ防止にもばっちりですね。夏野菜は他にもたくさん種類がありますので、旬の時期に美味しく食べて楽しく健康を保ちましょう。