スキンケア

そもそもなぜ顔がたるんでしまうのか

歳を重ねるにつれて気になってくるのがしみやしわといったものかと思いますが、それらと同じくらい歳を感じさせてしまうものにたるみという悩みがありますね。顔のたるみがあると酷い時には10歳老けて見えてしまうこともあり、対策をしたいと考える方も少なくないでしょう。

そもそもなぜ顔がたるんでしまうのかというとひとつに真皮層が衰えてしまっていることが挙げられます。真皮層というのは肌の奥深くにある層なのですが、ここにはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分が存在しています。これらが様々な理由で失われてしまう事によって肌の弾力が失われてしまうのです。つまり、その理由を解消してあげることが対策の糸口となるでしょう。

まず最もわかりやすい理由に紫外線があります。紫外線には三つの種類があり、その中のひとつであるUVAは真皮層まで届いてコラーゲンなどを作り出す線維芽細胞にダメージを与えてしまいます。線維芽細胞にダメージが有るとコラーゲンなどを作り出す量が減ってしまい肌の弾力を損なう原因となるため、紫外線対策をすることがたるみの予防や改善には大切なのです。また、線維芽細胞がコラーゲンなどを作り出す際にはたんぱく質やビタミンCなど多くの栄養素を必要とするため、それらをバランス良く摂取できる食生活に改善することも大切です。

睡眠や乾燥対策も大切です。肌というのは寝ている間に作られるものですから睡眠不足はたるみの原因となりますし、真皮層の水分が不足するとそれだけで負担となるのです。

顔の筋肉である表情筋と深層筋が衰えてしまうこともまたたるみの原因となります。表情筋は皮膚などを支え、深層筋はその表情筋を支える筋肉ですから、衰えるとそれぞれを支えることができなくなってしまうため表情筋を鍛えることもまたたるみの対策となるでしょう。マッサージなども有効ですが力任せに行ってしまうと肌が擦れてしまったりしてしわやしみを作る原因となってしまうこともあるため注意が必要です。

今あるたるみやこれから出てくるかもしれないたるみを何とかするためにもしっかりと予防や改善をして若々しくありたいものですね。

私のニキビに一番効果的だった美容法が一分間洗顔

オイリー肌でニキビができやすい肌に悩まされてきました。
その時に一番効果的だった美容法が一分間洗顔です。

キメの細かいもっちり泡で優しく手のひらと肌の間で泡を転がすように丁寧に洗顔、という洗顔法をよく耳にしますよね。
ですが、洗顔料は泡立てると洗浄能力が高くなりすぎてしまい、乾燥しやすくなります。
洗顔後に肌が突っ張るのは、明らかに洗いすぎている証拠です。

その後に時間をかけて保湿をしてもプラスマイナス0で、基礎化粧品がもったいないだけです。
このような時に見直すべきは基礎化粧品ではなく、洗顔の方法です。

一分間洗顔で使うのは石鹸のみです。
有名なカウブランドの青箱か赤箱の使用をおすすめします。

一分間というのは、手を濡らしてから石鹸を手に取って顔を洗いすすぐまでの、全ての工程にかかる時間です。
泡立てネットすら使いません。

一分間という数字がキーワードです。

この一分間は、手を濡らしてから石鹸を手に取って顔を洗いすすぐまでの、工程にかかる合計の時間です。
具体的な手順を以下の通りです。

まず、石鹸を泡立てずに手にこすりつけます。

そして、手のひら全体を顔にあてて、力を入れずにササッと何度か手を上下に動かすだけです。
こすり過ぎは乾燥のもとなので、こんなに雑でいいのかなと不安になる位の時間ですすぎに移ります。
ぬるめのお湯で髪の生え際などにすすぎ残しがないように気をつけつつ、すすぎます。

そうすると、余分な油分だけが取れて乾燥しにくい、さっぱりツルツルな洗い上がりになります。

一分間洗顔を続けていたら、ニキビも毛穴の黒ずみや開きも改善されました。

凝ったやり方や手順の多い美容も良いですが、いまいち結果に結びつかない方はシンプルな美容法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
特に今回紹介した一分間洗顔はプチプラで簡単に試せる美容法です。

特にオイリー肌・ニキビ肌に悩んでいる方におすすめです。
シンプル・イズ・ザ・ベストが美肌への近道かもしれませんね。

ニキビは皮膚科で治療できますが、日常的なケアで防ぐことも可能

ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせ炎症を起こすことでできる疾患です。
皮膚科で治療できますが、日常的なケアで防ぐことも可能です。

ニキビができやすい方は、洗顔を丁寧に行うことが重要です。

ニキビ肌用の洗顔料を良く泡立て、きめ細かい泡でなでるように洗うだけで皮脂汚れを落とすことができますので、決して強く洗わないことが大切です。
大人のニキビの場合は、皮脂ではなく乾燥が原因となって起こることもありますので、洗い過ぎにも注意が必要です。

ニキビ肌は、洗顔後すぐに化粧水で保湿を行うことで、肌を清潔で美しく保つことができます。

スキンケアにはニキビ肌用化粧水や低刺激の化粧水がおすすめです。

大人ニキビの場合、思春期ニキビ用のスキンケア用品では肌に刺激が強すぎることがありますので、大人ニキビ専用のケア用品が適しています。
ニキビには、ホルモンバランスも関係していると考えられていますので、ホルモンバランスを保つ生活スタイルをおくることもニキビ予防に役立ちます。
例えば、早寝早起きは自律神経を整えホルモン分泌のバランスがよくなりますので、夜更かししすぎない心がけも必要です。

又、ストレスをためるとニキビができるのも、ホルモンバランスが崩れる事が原因と言われています。スポーツなどで適度なリフレッシュを行い、なるべくストレスをためない工夫もニキビ予防に効果があります。

出来てしまったニキビの治療については、思春期ニキビは皮膚科で効果的な薬を処方してもらうことができます。少し肌に刺激が強い薬ですので、あまりピリピリと刺激を感じる場合は他の薬に変えたほうが良いでしょう。

大人ニキビには、ホルモンバランスを整える治療が注目されています。

美容外科など、美容に力を入れている医療機関で行われているホルモン療法は、一定の期間ホルモン剤を服用することで、ホルモン由来のニキビを原因から治療することができるとして人気です。

日焼け対策はバッチリしているにも関わらず、くすみが気になる時

日焼け対策はバッチリしているにも関わらず、若い頃の白くて透明感のある肌から年々少しずつくすみが気になってきます。

年齢と共に肌はターンオーバーが遅れるようになってしまいます。

若い頃は古くなった角質はほっておいても剥がれ落ちていったので問題がありませんでしたが、くすみが気になるという人の場合はターンオーバーで角質が剥がれ落ちなくなっていることが考えられます。

たかがくすみとほっておくと、日焼けしていないのに肌の透明感がなくなってくすみが目立つようになってしまいます。また角質が肌をフタしてしまいますので、美容液などの効果も半減してしまいます。

このようなくすみにはどうのようなケアが効果的なのでしょうか。一番最初に考えられるのは角質ケアではありますが、ピーリングのような過剰なケアを続けてしまうと角質を落としすぎて今度は肌が薄くなってしまいます。

そうなると刺激に弱い肌になってしまいますので要注意です。くすみの気になる肌には美白成分の配合されている洗顔フォームです。しっかり泡立てた洗顔で泡に汚れを吸着させるように洗います。

ついゴシゴシ洗い落としたくもなりますが、刺激を与えすぎることも角質を分厚くする原因になってしまいます。洗顔は丁寧に時間をかければいいわけではなくて、ささっと洗って油分などを落としすぎないようにすることも大切です。

そして洗顔とセットで忘れてはいけないのは、保湿ケアです。

角質を落とした後の肌というのは無防備な状態になっていますので、コラーゲンやセラミドなどの保湿成分が配合されている化粧水でしっかり保湿をします。

元々乾燥が気になる人は、乾燥からくるくすみも気になりますので丁寧に保湿をしてください。

肌が水分で満ちている状態だと、肌は紫外線などの外的刺激から守ることもできますし、年齢と共に乱れがちでくすみの原因になっているターンオーバーも整いやすくなります。

これ以上くすみを作らないためにも保湿は欠かせないのですね。